河津桜 in 笠戸島

3月に入ってすぐに

笠戸島の河津桜を見に行きました🌸

赤い笠戸大橋、

いつ見てもかわいいですよね。

 

デイケアメンバー作

 

くねくねした道をしばらく行くと🚐

うわ~っ、「きれい!」と思わず声がでます。

満開をちょっと過ぎた河津桜は、色が濃くてとっても華やかです。

その下に咲いている菜の花とのコントラストも素敵です。

今年はパンジーもきれいでした。

 

しばらく、散策して瀬戸内海の穏やかな海⛴も眺めながら

「あっちの工場って?」「中国電力じゃろ。」

とお喋りもして

麗かな春のひとときを過ごしました。

マスク作りました

コロナウイルスの不安が高まってきました。

でもお店のマスクは売り切れ😱

仕方がない😤自分たちで作ろう!という事になりました。

手縫いは糸通しが大変した。

久しぶりのミシンが活躍してくれました。

医学的な効果は期待できないかもしれませんが、

マスクをして少しでも不安が薄れますように😌

節分

2月4日は立春。その前日、2月3日は節分です。

季節の変わり目といわれる節分には邪気が入りやすいので、

平安時代より豆をまいてその邪気を払うようになったとか

紙を丸めて作った豆を鬼に投げつけました。

鬼の口には何個入ったでしょうか?

金棒を持った鬼は豆が当たって痛そうでした👹

 

最後は皆さんで豆やお菓子🍬をいただきました。

今年も良い年になりますように😊

 

餅つき大会

前日からもち米を水に浸し、石臼や杵を準備しておきます。

まず、もち米を蒸します。
その間に臼を温めます

最初は、杵でコネコネしてもち米をつぶします。
そうすると、つき始めても飛び散らないんです。

いよいよ本格的に餅つき開始です。

杵をぬらしながら、腰を労りペッタンペッタン。
あいだで何度もひっくり返し、全体を均等につきます。

つきあがったら、次は丸めます。
アツアツのお餅を手ごろな大きさにちぎり、熱さに耐えながら丸めていきます。

   

さて、いくつできたでしょうか?

 

午後から、餅を庭で炭火で焼いて。。

しか~し! 今日は生憎の強風
涙を呑んで、室内でホットプレートを使いました。

みんな自分の選んだ餅を焼き、ぜんざいを注いでもらいました。
甘さもちょうどよくて、とっても好評。
やっぱりつきたてのお餅はおいしいですね。